革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

制作の流れについて

 ホームページ制作の流れについて


ホームページ制作と言ってもその用途や、目的により様々な流れあります。個人で制作するものから専門の業者に依頼するものまであったり、会社案内のパンフレットとしての利用、会員募集のため、求人、ECサイトでの販売のためなどその種類は多岐にわたります。

まず個人でホームページ制作をする場合は、コンセプトの立案、テキスト作成、ドメインの取得、プログラムの作成、サーバーの手配、商品や会社設備などの写真撮影はすべて自分で行わなければならないため、時間的に対応しきれるかどうかを考えなければなりません。全くゼロの状態からの制作であればなおさら時間を要します。外注費が発生しないため費用的なコストが安く抑えられるメリットがる反面、時間的コストがかかり、完成するホームページがデザインの面で、素朴な印象を与える傾向があります。

また業者に依頼してホームページ制作をすすめる場合には、まずその予算がどの程度かかるかを調べます。その用途やスペックにより費用はかなりの幅はありますので、ホームページでの目的をある程度明確にしたうえで、複数の業者に見積もりを出します。業者にも特徴があり、対面でのお打合せを中心に制作をするところから、メールや電話のみでまかなうところまであります。

業者の選定が終わったら打ち合わせに入ります。ここで明確にしておくべきことは、まずホームページの目的が明確になっていているか、どのような人に見てもらいたいか、どのようなドメインを取得したいか、取り入れたいデザインのおおよそのイメージなどです。

その後必要な材料を提供します。主な材料としては写真や掲載する説明文、会社案内などのテキスト類です。(写真撮影・テキストのライティングなどは業者に依頼する場合もあります。)提供した材料や、情報をもとにホームページ制作が進んでいきます。トップページのデザインのデザインが決まれば、その後のデザインの流れが見えてきます。ボリュームやどのプログラムを利用するかにもよりますが一般的なホームページ制作であれば1ヵ月から2ヵ月ぐらいで完成するケースがほとんどです。またそのホームページをより閲覧してもらうために、検索エンジン対策が施されます。そして完成後は、テキストの誤字脱字のチェックなどが行われ、多くの場合はレンタルサーバーを利用し制作したホームページのデータをアップロードします。以上がホームーページ制作においての主な流れとなります。”